レビトラとジェネリック

最近何となく勃ちが悪いかなと少しでも気になったらその時は既にEDにかかってるかもしれない。
このように少しでも疑いを持ってみてください。
EDは日本だと機能不全の低下を意味し、一般的には勃起不全であるとされがちなのですが、実際は勃起しないとは限らずにその持続性や硬さにやや不満足であるという事も多々含み互いに性交渉に対して楽しめない症状との定義が定められており、良く途中に萎えてしまう事、又は自己で満足な勃起が起きない場合、ED症状として多く報告が残ってます。
実は日本人男性の5人に2人の確率で中度より上の症状に悩まされており国内での認知そのものは低いレベルなので潜在患者の総数は軽く2000万人をも超えるのではないかとされてます。
そんなEDにはED治療薬が効果的とされており治療と克服の両面で活躍しており今回は数あるED治療薬の中でもレビトラとバリフに焦点を当てて紹介します。
レビトラは初代バイアグラの次に発売されバイアグラと比較し有効成分のバルデナフィルによる即効性が有名です。
このバルデナフィルはエタノールに対し溶け易いため効果実感の即効が実現しているのです。
服用効果に関して服用をすると勃起すると勘違いしやすいのではありますが正しくは自己で性的刺激を受け興奮後に勃起の補助作用を促してくれる補助薬と考えてください。
レビトラのジェネリックにはバリフが存在し先発薬とはさほど変わらないものの一つ大きな違う点がございます。
それは価格についてです。
ジェネリック薬品全てに言えることではあるのですが先発の薬と比べ、約3分の1程差が出ますのでお財布事情が気になる方はバリフを選ぶ方が賢明であるでしょう。
バリフなどのジェネリック医薬品は海外医薬品の個人輸入代行サイトを介して購入することができます。もちろんレビトラの通販も出来ますし、病院での処方よりもはるかに安く手に入れることができますので大変人気です。
その他にはバイアグラで言えばカマグラ、シアリスで言えばタダシップと言った知名度の高いED治療薬のジェネリックも豊富に取り揃えています。
カマグラやタダシップもバリフ同様に安価に購入することができますので普段からよく使用する方にとってはコストパフォーマンスに優れた治療薬です。
最後に副作用ですがED治療薬で良く報告される偏頭痛やホテリや頭痛が現れますが小時間経てば自然に解消されるので神経質に気にかける必要は無いですが連続投与は禁止されており最低、1日を開けてから服用する様に心掛けてください。
しかし、少しでも気にかかる症状が見られた際等は我慢せずに必ず専門科の医師にご相談ください。